浮気の現場に踏み込んだら

夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、映画やドラマでよく描かれます。
ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、殺傷沙汰にまでなってしまうストーリーもよく使われます。
配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもやり方の1つでしょう。

離婚も辞さない覚悟なら、やってみる手もあるでしょう。
成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間しかなかったとしたら調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功として扱われてしまいます。
実際のところは不明確であっても、3日の間に浮気が発覚しなければ、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査期間を終えてしまい、成功報酬としての料金を請求されます。
浮気の調査をするときには、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査に行くのは2人程度なんだそうです。
ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、浮気が確実かどうか、調査員が1人ですることが多くなります。
浮気が確実なものとなったなら、もう一度計画を練り直して調査の方法や人数などを決定します。
浮気の事実関係を委託調査する際には、支払う料金が低過ぎたり、 もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が望まれます。
他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか前もって確認しておきましょう。
法外な調査をしているところには依頼しないように気を付けましょう。
探偵が気づかれないようにしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、調査対象が警戒を強めてしまって浮気調査が困難になり、失敗に終わる場合もあります。
いくら探偵の浮気調査でも、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。
失敗した場合の代金についても、調査を始める前にちゃんと確認しておきましょう。
浮気調査は第三者に任せるべき理由は頭に血がのぼってしまう可能性は否定できません。
 貴方自身が大丈夫だと信じていても、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが発生することも多いのです。
貴方自身のためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。
相手に全く覚られずに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。
浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠とは認められません。
浮気の調査を探偵に任せると、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が気づかないうちに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。
浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬でお願いすれば得をするかと言えば実際にはそうでない場合もあります。
成功報酬と言えば、一般的には不成功な結果となった場合、報酬支払いの義務がなくなるのでお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。
だから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、求めているような人がいます。
興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、これと言って無いと言っても言い過ぎではありません。
双方とも、浮気調査、身辺調査、似たような仕事をしています。
しかし、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。
レシートとかクレジットカードを見ると浮気を確定することもできるかもしれません。
まず、いつもなら好んで行くことがないようなコンビニのレシートをしばしば見かけるようになったら、その周辺に普段から行っている事になります。
その場所でずっと見ていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。
探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。
当たり前のことですが、調査員が1人なら安く、増えれば増えるほど高くなります。
そして、尾行時に車やバイクを使うと、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、要確認です。
不倫の問題を相談するなら弁護士に相談しましょう。
離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをまず考えてから相談するといいでしょう。
もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。
女性の場合、近所の奥さまや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、噂のタネになりたくないなら、相談しないようにしましょう。